車両保険

車両保険

年末年始の帰省前に車両保険を付けるのは効果的です

長距離ドライブをする人の2人に1人が何らかのトラブルを経験している、ソニー損保の過去の調査で明らかになりました。一般道・高速道路とも交通量が増えるだけでなく、普段運転をしない人が増えることも要因です。また、トラブル経験者の半数が他車との事故を経験。車両保険は高いと感じているなら帰省の時期だけ見直すといいですよ。
車両保険

車両保険の免責金額は高く設定して保険料を安くしてもいい

車両保険を付けたら、任意保険の保険料が大幅に上がってしまったから付けるのを諦めたという経験ありませんか?事故で車が壊れてしまった時に買い替えの余裕がないから付けたいのに保険料が高くて支払えない。。。こうした場合には、車両保険の免責金額を高くすることで保険料を抑えることができます。
車両保険

初年度登録の古い車は車両保険を外す事がおすすめです

自動車保険で、保険料が大きく変わるのが車両保険です。運転者の年齢条件が全年齢の場合には、車両保険を付けただけで年間50万円近い保険料になることもあります。そうまでして本当に車両保険を付ける意味はあるのでしょうか?車両保険を付けたほうがいいのか、保険が本来持っている役割を元に解説していきます。
車両保険

ドライブレコーダで当て逃げも車両保険で補償されやすくなる!?【追記あり】

車両保険を抑えるため限定タイプ(エコノミータイプ)にしていると当て逃げでは補償してくれません。また、追突事故では意外にも「双方動いていたから過失があったはず」と相手方が主張してきます。そんなとき、ドライブレコーダで事故発生時の映像を記録していれば、動かぬ証拠として相手に突きつけることができます。
車両保険

車が台風や大雨で水没しても車両保険で補償されます[2018/9/30追記]

車両保険というと、事故で車が壊れてしまったときのみ使えると思っていないでしょうか?実は、事故以外にも盗難、飛び石、水害、火災、爆発などでも車両保険を使うことができるんです。車両保険の使える対象が限定されるエコノミータイプでも、台風や水害など自然災害によって車が壊れた場合も補償してくれます。
車両保険

車両保険を使ってでも修理する?買い替える?

事故で車が壊れてしまったら、修理してでも乗り続けるか、廃車にして新しく買い替えるかは愛車の時価額と修理代、車両保険を掛けていたかによって状況が異なります。この記事では修理して乗る場合と買い替えにする場合の両方で、少しでもあなたの自己負担を減らす方法をお伝えします。
車両保険

対物賠償や車両保険のお金は修理に使わなくてもいいの?

事故の相手から払われる対物賠償保険や、自分の車を修理するための車両保険は、修理に使わず保険金だけ支払ってもらうこともできます。修理するよりも新しく車を買いたいという方もいますので、保険会社からも保険金の使い道は問われません。ですが、修理をせずに保険金だけ受け取る場合には、修理するよりも受け取れる金額は少なくなります。
車両保険

車両保険ってオプションなどの金額も含まれるの?

車両保険で補償できる金額は、初年度登録年月と車検証に書かれた型式がわかれば、自動的に決まります。車にオプションを付けている人は、その設定金額では足りないことがありますね。車両保険金額には値幅が車種毎に決まっていて、その上下幅の間なら自分で補償金額を決められます。ですが車両保険で補償できない部品には注意して下さい
車両保険

雹の被害で車両保険を使ったほうがいいの?

愛車が雹の被害にあった。。。古い車に多額の保険料を掛けるのは無駄に感じています。修理せず、このまま乗った方いいのか?それとも保険を使って修理したほうが良いのでしょうか?こんな質問がありました。車両保険を使ったほうがいいかの目安は、「今払っている保険料の2倍以上の修理見積額かどうか」です。詳しく解説していきます。
車両保険

猫バンバンは重要!車両保険も万一の時に支払ってくれないかも?

寒い時期に、愛車の真下に猫が潜り込んでいるのを見かけたことはありませんか?どうして、そんなところにっと思うのですが、猫は寒いと風や雨がしのげる場所に入り込もうとします。停まっている車のエンジンルームは予熱がちょうどよい暖房になるので、狭くても入り込んでしまうんです。しかし急にエンジンがかかるとパニックになり慌てて逃げようとする猫も意外と多いもの。最悪はエンジンのタイミングベルトに巻き込まれて猫も車もヒドイことになりかねません。そして車両保険でも、エンジントラブルは保険の対象外です。運転前にボンネットをコンコン叩くたったこれだけですが、愛車も猫も悲惨なトラブルから回避できますよ。