事故対応

事故対応

事故対応

自動車保険の過失割合は保険会社が過去の裁判例を参考に決めている

過失割合は警察によって決まるのではなく、事故の当事者同士が契約している保険会社間で決まります。ただし過去の事故事例とあなたの事故では発生場所も異なれば、どちらかに明らかに注意すべき点があったかもしれません。その場合、過去の裁判例の過失割合からあなた、もしくは事故相手の落ち度に応じて過失割合が変動します。
事故対応

自動車保険の使用目的変更忘れで保険金は支払われない告知義務違反とは

自動車保険の使用目的を日常レジャー使用から通勤通学使用への変更忘れをしたために保険金が支払われないことがあります。使用目的は告知事項となっていて、契約中に状況が変わったら保険会社に連絡することが義務付けられています。保険に入っていても事故発生時と契約時の補償条件が異なっていると保険金支払いの対象外になることがあります。
事故対応

自動車事故で被保険者が亡くなった時の保険金請求と名義変更

自動車保険の被保険者が亡くなった場合、被保険者の法定相続人の代表者が保険会社に保険金請求をします。そのうち契約者と記名被保険者が亡くなった場合は自動車保険の等級も誰が引き継ぐかによって手続き方法が変わります。この記事では契約者や記名被保険者が亡くなった場合の保険金の請求方法と名義変更の方法をまとめました。
事故対応

ハロウィンで倒された軽トラは車両保険出ない?免責事由の騒じょうがポイント

ハロウィンでごった返した渋谷で軽トラックが横倒しにされた事件がありました。群衆によって車を倒されたり、傷をつけられたら保険金が支払われると思いますよね。実は、車の持ち主が車両保険を掛けていても保険金を受け取れないかもしれないのです。その理由が保険の免責事由にある騒擾というものです。
事故対応

納車途中にディーラーが対人事故を起こすと自分も賠償責任を負う?

車を購入したら、販売店さんが自宅まで届けてくれることもありますよね。もし、納車当日に販売店さんが事故を起こしたら、どっちの責任になるかと考えたことありますか?対人事故になると、あなたも損害賠償請求に巻き込まれるかもしれないんです。今回は納車途中に販売店が事故を起こしてらどうすればいいのかお伝えします。
事故対応

自動車事故で目立った外傷はないけれど病院には行った方が良いの?

自動車事故で、目立った外傷がない場合には「これくらいなら病院行かなくてもいいかな」 と自分で判断してしまうかもしれません。しかし、放っておくと後から症状が出てきたり、最悪の場合、数日後に死亡ということもあるので、事故に遭ったらまずは病院でちゃんと診てもらってください。また、病院に行くことは保険請求上でも重要なんです。
事故対応

動物との衝突で自動車保険は使えるのか?

自動車での事故は、車同士だけではなく、 対バイクや対人、対自転車、あるいは自損とありますが 意外と多いのが、動物との接触、衝突事故なんです。
事故対応

ハンズフリーでの運転での事故は補償されるの?

道交法が改正されて運転中のスマートフォンの操作は違反になります。しかし未だに、スマホを片手に運転しているドライバーを見かけるとまだまだ運転中のスマホ操作は多いのかもしれません。運転中のスマホ操作は、単純に道交法に違反しているだけでなく過失割合で不利になったり、補償されない可能性があります。万が一事故に遭った際に、不利な過失割合になったり保険金が支払われない可能性があります。手を塞がないハンズフリー通話はというと、現状では条例によって違反となる場合があります。
事故対応

睡眠時無呼吸症やてんかんなど持病持ちでも免許や保険の更新はできる?

自動車を運転している人の中には持病が原因の事故を起こすかもしれない人も居ると思います。管理人自身も睡眠時無呼吸症候群という急な眠気に襲われる病気を持っています。ドクターストップにはなっていなければ運転しても問題ないとはいえ事故の際に、保険金が支払われなかった困りますよね。睡眠時無呼吸症候群のような運転に影響の出る持病がある人でも、 任意保険では補償してくれるか保険加入時に保険会社に申告する必要があるのか記事にまとめました。
事故対応

自動車保険は事故受付より事故対応部門の営業時間が大切

自動車保険では24時間事故受付をアピールしている損保もありますが、事故の際に重要なのは事故の示談交渉などを担当する部門の営業時間です。事故対応部門の対応時間は、平日9~17時に限られることが多く、契約者としては仕事があるのに平日そんなに時間が取れなくてイライラしたという人もいると思います。ダイレクト型自動車保険は保険料が安いのですが、事故対応がきめ細やかではないという口コミも目に付きます。保険会社を選ぶなら、保険料や補償内容だけでなく、事故対応部門の営業時間が、自分にとって連絡の取りづらくないか確認しておきましょう。