搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

車のドアで指を挟んで怪我をしても任意保険は支払われます

自動車保険は、車を運転中の事故だけでなく乗り降りの際に起きた事故でも補償されます。あまり知られていませんが、乗り降りの際に車のドアに指を挟んで骨折をした場合でも搭乗者傷害保険と人身傷害保険は使えます。
搭乗者傷害保険

バイク保険の搭乗者傷害部位症状別払いはおすすめです

自動車保険・バイク保険では、運転者の怪我の補償は、搭乗者傷害と人身傷害の2つの保険で補償出来ます。バイクの場合には、怪我をしやすい為、人身傷害保険は高額になってしまいます。人身傷害を掛ける余裕はないけれど、怪我の際の補償を手厚くしたい。ということでしたら搭乗者傷害保険の部位症状別払いがある保険会社を選ぶと良いですよ。
搭乗者傷害保険

通勤で搭乗者傷害保険を付けないとダメと言われた?

勤務先に車通勤している人も多いと思います。通勤手当の支給条件で勤務先に保険証券のコピーを提出するように言われた経験ありませんか?今回は勤務先から、「社内規定になっているから搭乗者傷害保険も付帯するように」と言われた方向けになります。人身傷害保険だけでも、運転者自身の怪我や死亡時あるいは後遺障害を負った際も補償されるので、あえて外している契約者も多い保険です。結論から言えば何かと物入りな事故の際には役立つので搭乗者傷害保険を掛けておくことをお勧めします。
搭乗者傷害保険

搭乗者傷害はいらない?人身傷害保険だけで十分じゃないの?

搭乗者傷害保険って結局保険金も少ないし補償金額も多い人身傷害保険だけでいいんじゃない?保険契約の更新時に、よくこういう質問を受けます。一般的に見れば人身傷害保険のほうが 補償金額が3000万円~無制限だったり、ケガの際の治療費が実費で支払われるなど、人身傷害保険のほうがメリットがありそうに感じますが、搭乗者傷害保険をセットしておけば人身傷害保険とは別に保険金が支払われます。意外と知られていませんが事故に遭った人の収入や年齢によっては人身傷害保険では補償が少なくなる可能性があります。