損保の選び方

損保の選び方

損保の選び方

自動車保険の損害保険会社の選び方

自動車保険を乗り換えるキッカケは、「保険料が高くて満期後は他社にしたい」「テレビCMで見て気になった」という人が多いのではないでしょうか?自動車保険の保険会社は、代理店型・ダイレクト型をあわせると数えきれないほど国内にはあります。その中から自分にあった保険会社を選ぶのは意外と大変です。そこで自分にあった損保の選び方・探し方を纏めてみましたので参考にしてみてください。
割引

ASV割引は料率クラスが決まるまでの3年間限定です

ASV割引によって損保各社の保険料が9%値下げになるとニュースになりました。一度は耳にした方もいると思います。衝突被害軽減ブレーキ(AEB)という装備のある車を対象に保険料が割引になるのですが小型車、普通車は3年間限定となります。ただ、AEB搭載車両でも発売から3年経過すると割引対象外になることは意外と知られていません。代理店型損保を中心にASV割引を営業トークに巻き返しを図っていますが、ASV割引の中身を知らないと結局、1年後の更新では高い保険料になって意味がなかった・・・となりかねません。ASV割引が導入された理由とあなたの車が割引対象なのか抑えておきたいポイントをまとめました。
保険料

損保自体の体力で値上がりしそうな会社を避けるコツ

テレビCMを見て、通販型の自動車保険が安いと知った人は多いですね。同じ補償内容を選んでも 代理店型より3~4万円節約が出来た人も少なくありません。ですが、乗り換えたあとはそのまま毎年更新していませんか?面倒だから同じ保険会社でいいやと、毎年更新をしていると、気がつかないうちにじわじわ値上がりしていることもあるんです。
ロードサービス

深夜の事故でロードサービス利用 修理工場が時間外ならすぐ保険会社に連絡を

夜間や大型連休の事故や故障では、ロードサービスで運んでもらっても修理工場が開いて無く、修理工場に入庫できないこともあります。ロードサービスのレッカーは原則1回目だけが無料です。修理工場が開いてないからと自宅や近隣のホテルに運んでもらい、翌日運んでもらうと、2回目の搬送は有料です。そんな時すぐ保険会社に連絡しましょう。
ロードサービス

雪道で車が止まってもロードサービスは期待しない

普段雪の降らない東京近辺では、雪対策をせずに運転をする人もいますね。不要不急の外出は控えるようテレビでもSNSでも言われてはいるものの、外出先で雪で車が動かなくなったら任意保険のロードサービスが使えるから安心!と思っている契約者さんもいると思います。ただ雪のロードサービス利用は依頼できたらラッキーです。
ロードサービス

ロードサービスのレッカーは契約中の車やバイクだけ運んでくれます

自動車保険を契約すると、多くの損保で自動付帯されてくるロードサービス。JAFの契約と2重になるからとJAFを解約して保険会社のロードサービスのみにされる契約者さんも多いです。しかしロードサービスで利用できるレッカー移動については意外と知られていない落とし穴があるんです。もしもの時に役立たなければ意味ありませんよね。
保険料

自動車保険の満期直前の更新は支払方法が限定されます

自動車保険の満期が近づいてくると更新のお知らせが来ます。ただ、気がついたら満期当日になっていたということないでしょうか?いざ支払おうと思ってもコンビニ払いや銀行振込が対応していない。。。など、満期直前の手続きには支払い方法も限定されるため注意が必要です。満期直前に支払方法が選べないときの対応策を記事にしました。
特約

新車を買ったら保険会社を切り替えたほうがお得なの?

新車買替のタイミングでディーラーさんから、保険会社の切替を頼まれる人も多いと思います。保険会社にいた人間からすると引き止めたいという気持ちよりも保険料がもったいないので満期までは待ったほうがいいという気持ちはあります。しかし、契約している保険会社に新車特約がないなら、切替えても良いですね。今回はその新車特約の解説です。
保険料

自動車保険をディーラー任せにしていたら保険料を無駄に払っていた!

自動車保険の加入方法って大きく分ければ、代理店型かダイレクト型のどちらかになります。代理店型は親切だけどもダイレクト型は自力で出来る人向けなんて思ってないでしょうか?また、車を購入したところの担当者から付き合いで加入する場合、ちゃんと契約内容みてますか?実は無駄に保険料支払っていたなんてことあるんですよ。