おとなの自動車保険の特徴と契約に向いている人

スポンサーリンク
おとなの自動車保険 損保各社の特徴

テレビでもおなじみのおとなの自動車保険
40代50代の人の保険料が安いと言っていますが
本当にそうなのでしょうか?

警察庁が発表した事故率でも
年齢別に見るとが低いと統計でも出ているため
保険料は低くなりやすいです。

実際、保険料の見積時に
記名被保険者の年齢を40歳と70歳で比較すれば
保険料は変わります。

40代50代の保険料が安くなると
伝えている損保は他にありませんでしたので、
宣伝の仕方はうまいです。

保険料は事故率に強く影響されて
一般的な保険会社なら40代50代なら
安くなりやすい。。。

その点を考慮して、補償内容やロードサービスも
あなたにとって向いている保険なのか
しっかり比較をした方が良いです

この記事ではおとなの自動車保険の特徴と
契約する時の注意点をまとめましたので
参考にしてください。

1ナンバーや8ナンバー車両、改造車は引受対象外

ランドクルーザーなどの1ナンバーや
キャンピングカーや福祉車両の8ナンバーは
引き受けできません。

また車検証に型式「改」「カイ」
書かれている車も、
おとなの自動車保険では引受対象外です

そのため同じ型式の車両でも
AT車をMT車に変えた改造車などは
車検に通っていても引き受けてもらえません。

他の保険会社で改造車両で契約している人は
おとなの自動車保険乗り換えできませんので
見積時には注意してください。

月払の支払方法はクレジットカードのみ

保険料が高くなりがちな
年齢の若い方で契約するなら
月払いを考えている人もいますよね。

おとなの自動車保険の月払いは
クレジットカードだけで、
口座引落や振込用紙での月払できません。

本人がカードを持っていない、もしくは
学生でカードを作れないときは

契約者をカードのある同居家族にして
記名被を本人にすれば月払にできます。

おとなの自動車保険の補償内容の特徴と注意点

対人対物賠償は他の保険会社と同様

対人賠償保険・対物賠償保険は
ともに無制限で

対物超過修理費用特約も
50万円を上限に保障されています

おとなの自動車保険の搭乗者傷害保険や人身傷害保険

搭乗者傷害保険は一時金払いと部位症状別払い

おとなの自動車保険の搭乗者傷害保険は
死亡保険金が500万~2000万円の間で
500万円毎の設定です。

また、入通院時は
以下の条件で給付金が支払われます。

  • 4日以下は一律1万円
  • 5日以上は部位症状別に10万~100万円

他の保険会社では
日数か部位症状別どちらかの設定ですが、
おとなの自動車保険は
入通院の日数で自動的に決まります。

人身傷害保険

3000万から2億円もしくは無制限と
他の保険会社とも似た補償内容で
特筆すべき点はありません。

車両保険は保証条件毎に選べる

おとなの自動車保険の車両保険では
一般タイプもしくは限定タイプ
を選ぶほかに

自分に合った補償条件を
組み合わせるという方式もあります。

一般タイプでは
地震噴火津波以外のほとんどの
事故を補償してくれます。

川や海から遠い場所に住んでいれば
自宅での水害を省いて
保険料を節約することもできます。

車両の身の回り品特約は対象外の物品が多いです

他の保険会社でもそうですが
車両保険の身の回り品特約は
補償対象外の品目が多いです。

おとなの自動車保険では
ノートパソコン
携帯電話・スマートフォン
タブレットは補償されません。

一方でパスポートや免許証は
身の回り品特約で補償されます。

身の回り品特約をつけていても
車両保険で盗難を対象外にしていて
車が盗まれてしまったら
積んでいた荷物も補償されません。

おとなの自動車保険のその他の特約の特徴

弁護士費用特約

自動車事故に限定されているので
自転車が車に突っ込んできた場合等は
弁護士特約は使えません。

原付特約は賠償自損型と賠償人身型の2種類

原付特約は自損型と人傷型の2種類あり
どちらも賠償部分(対人対物)は
車と同じ補償となります。

原付の運転者自身の怪我は
自損型では以下の自損事故特約で
補償されます。

  • 死亡保険金:1500万円
  • 後遺障害:50万~1800万円
  • 入院時:日額6000円
  • 通院時:日額4000円

人傷型では設定した人身傷害保険の
保険金額を上限に実際に掛かった
治療費が補償されます。

自転車特約は自転車に乗っている本人の怪我の補償

  • 死亡保険金:500万円
  • 後遺障害:20万円~500万円
  • 入院:日額5000円
  • 5日以上の入院時:10万円の給付金あり

注意点としては、自転車特約は
自転車に乗っている人自身の
怪我の補償になります。

相手に対する賠償部分は
以下の個人賠償責任補償特約になるので
契約時に間違えないようにしてください。

個人賠償責任補償特約は無制限

他社の個人賠償責任補償特約や
自転車保険多くが2億円を条件に補償ですが

おとなの自動車保険では無制限ですので
万が一のことがあっても
あなたに賠償責任は発生しません。

おとなの自動車保険のロードサービスの特徴

他の損保と比べると
ロードサービスを外せる
落輪時に特殊作業も含まれる
とユニークな内容になっています。

おとなの自動車保険でロードサービスも外せます

他の保険会社では
ロードサービスを外せませんが

おとなの自動車保険では
ロードサービスを外して
保険料を節約することもできます。

JAF会員ならJAFのロードサービスと
任意保険のロードサービスが
重複してしまうので

保険料に無駄が生じてしまいますが
おとなの自動車保険に加入して
ロードサービスを外せば
無駄な保険料を抑えることもできます。

レッカーサービスは15万円まで保証されます

他の保険会社がトラブルや事故の現場から
一定の距離を無料となるのに対して
おとなの自動車保険のロードサービスでは
15万円まで負担してくれます。

金額ではわかりにくいのですが
ホームページを見ると15万円全額を使うと
300kmまで運べるとあるので
レッカーは1km500円で計算しています。

簡易作業も15万円まで無料で時間制限なし

オイルの交換
バルブヒューズの交換
ボルトナット増し締めなど
簡単な作業も15万円まで無料です。

クレーンなど特殊作業もレッカーと合計15万円なら無料

他の保険会社では落輪時は
クレーンなどの特殊作業は
無料ロードサービスの対象外です。

おとなの自動車保険では
クレーンなど特殊作業を伴う落輪時の
引き出し・引き揚げ作業も、

レッカーの牽引と合わせて
15万円までならロードサービスで
対応してくれます。

また落差1mを超えても
ロードサービスを使えます。

山道など通る機会が多い方は
おとなの自動車保険で
契約しても良いかもしれませんね。

帰宅費用は2万円、宿泊費用は1万円を上限に補償

ロードサービスで車は運んでもらえても
乗っていた人の帰宅旅費や宿泊費は別です。

補償されない損保もありますが
おとなの自動車保険では

帰宅費用は1名2万円
宿泊費用は1名1万円
を上限に提供されます。

金額に上限があるので
帰宅時の公共交通機関が
飛行機や新幹線になるほど

遠方に出かけることの多い人は
ロードサービスでは足らなくなります。

まとめ おとなの自動車保険の特徴とおすすめの人

おとなの自動車保険の補償内容やロードサービスの
特徴と契約する際の注意点をまとめてみました。

まとめてみて感じたのは
おとなの自動車保険で契約をするなら

車両保険を掛けたいけれど
なるべく保険料を抑えたい

道路事情があまり良くない地域に
住んでいたり通っている

ロードサービスはJAFのみでいいから
それよりも保険料を安く済ませたい

という人向けとなります。

車両保険の補償内容を
他の損保より細く設定できるので
無駄になる部分を抑えて
保険を掛けられますし

ロードサービスも特殊作業を
無料サービスで提供してもらえるので
山道をよく使う人にとっては
契約しておけば心強いですね。

とはいえダイレクト型だけでも10社以上ある中から
自分にピッタリの保険会社を選ぶのも難しいのも事実。

おすすめの方法は

  1. 任意保険の一括見積サービスを利用
  2. 候補の保険会社を2~3社ピックアップ
  3. 当サイトの各社補償内容の解説記事であなたに合うか再確認

こうすることで、保険料だけでなく
あなたにあった保険会社を選べますよ。

その結果が今の保険会社で良さそうなら
そのまま継続しても良いと思いますし

見積結果によっては他の保険会社に
切り替えたほうが良い場合も出てきます。
任意保険の一括見積について詳しくはこちら▶▶