弁護士特約

弁護士特約

弁護士特約で自転車の追突は補償されない?!

自動車保険で付けられる特約であると便利な特約が弁護士特約です。過失がない事故では保険会社にお任せできません。そこで弁護士特約が活躍するのですけど、自転車が突っ込んできて、愛車が壊れたという場合は弁護士特約の対象外となる事故もあるんです。弁護士特約の使える条件や代表的な保険会社の弁護士特約の内容を纏めてみました。
弁護士特約

弁護士特約はいつ使えるの?過失割合があってもいいの?

過失割合が自分に全くない場合には保険会社は示談交渉をしてくれません。そうした事態に備えて弁護士特約をつけていれば代わりに交渉してくれると、任意保険に加入している人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、「相手が信号無視をして突っ込んできた」「 駐車中や信号待ち時に追突された」といった過失がこちらに全くない事故では保険会社が示談交渉を行ってくれることはありません。その際は相手が契約している保険会社と被害者が直接示談交渉をすることになりますが、プロ相手なので不利になりがちです。そこで使えるのが弁護士特約になります。使える条件を記事に纏めました。