自動車保険加入例 60代プリウスの保険料

スポンサーリンク
年齢条件

ここ数年は、ガソリン価格の上昇もあってか
ハイブリッドカーや電気自動車(EV)を
選ぶ人も増えています。

管理人はレンタカーで借りた時に
ガソリン代がほとんど掛からなくて
驚いた記憶があります。

たしか名古屋から岐阜を往復して
10リットルも使わなかったような・・・

ただハイブリッドやEVはまだまだ
バッテリーの値段が高いことから
車両価格が高いのが難点

また人気があるため、盗難にも遭いやすく
料率クラスも比較的高い傾向にあります。

そのため、保険料を抑えるために
ダイレクト型損保を選ぶ人も多いですね。

ハイブリッドやEV車で任意保険に
加入すると、エコ割引などの割引を
受けられることが有ります。

しかし、こういった割引はあったら
良かった程度に考えておけばよく
補償内容や保険料を他社と
比較したほうが良いです。

今回は60代夫婦+25歳同居子で
プリウス所有の家族の例を取り上げてみます。

参考にしたのはおとなの自動車保険です

年間保険料37,080円
契約条件(家族構成や契約車両など)
記名被年齢62歳 男性
免許証ゴールド
年齢条件設定なし
契約車両プリウス
型式ZVW40W
初度登録平成24年1月
運転者限定本人配偶者+25歳同居子
等級20等級
事故有係数0年
走行距離5,000km以下
使用目的日常・レジャー
相手方への補償
対人賠償無制限
対物賠償無制限
自分や同乗者の補償
搭乗者傷害死亡保険金なし
医療一時金100万円
人身傷害5,000万円
無保険車傷害無制限
車両保険
補償タイプ車対車限定
車両保険金額180万円
免責金額1回目0円
2回目以降10万円
車両無過失特約あり
その他特約・割引
ロードサービスなし
弁護士特約あり
個人賠償責任特約なし
自転車傷害特約なし
50日前早割あり
インターネット割引あり
電気・ハイブリッド車割引なし

60代夫婦と25歳同居子の加入例になります。

車両保険を付けて、子供年齢条件が
21歳以上補償になるのですが
補償内容をかなり削って
保険料を抑えていることが伺えます。

自分や同乗者の補償を最低限にしている

未成年の子供がいないことから
人身傷害保険の思いやり特約は
外して保険料を抑えていますね。

子供が結婚し、孫が出来たときなど
18歳以下の子がいる場合には
特約を付けてもよいでしょう。

なお同乗者は家族に限らず
「契約車両に乗っている人」が対象です。

プリウスに乗っていた人が
他人だったり、結婚して別世帯になった
子供だった場合も補償されます。

車両保険の補償範囲を狭くして保険料を節約

5年落ちのプリウスになりますが

  • 車両保険の金額は180万円
  • 免責金額が初回0円

と、車両保険は手厚くしています。

150万円での補償も、200万円での補償も
実は保険料の差は3,000円も満たない
こともありますので

車両保険をセットするのでしたら
保険金額はなるべく上限一杯で
設定したほうがよいです。
[aside type=”normal”]補足説明
通常は車両本体+ナビなど付属品も
含めた金額まで補償してくれます。
ただし車体に固定していないポータブル式の
ナビ等は対象外となるので注意して下さい。
[/aside] 補償範囲はいわゆる限定タイプで
車同士あるいは車対バイクでの
事故に限定される補償にしています。

この方の例では台風や火災、落書きなどの
補償も対象外にしていますので
ちょっと削りすぎな印象はあります。

車両保険で限定タイプでも
通常は台風や大雨などによる車の水没
いたずらなどは補償されますし

実は保険を使っても1等級しか
ダウンしないことが多く

事故有係数適用期間いわゆる
割高になる保険料期間も1年で
済むので、車両保険を使ったほうが
いいケースが多いです。

自宅での水災は、河川から遠いなど
災害に遭いにくいならば
補償から外しても良さそうです。

ロードサービスはJAFなどの重複に注意する

ロードサービスは、任意保険を契約すると
自動で付帯されること一般的ですが、
おとなの自動車保険では外すこともできます。

JAF会員で、保険会社のロードサービスは不要
という方は思い切って削ってもいいですね。

JAFは年間4,000円掛かりますが
任意保険とは異なり、人に掛かる契約です。

任意保険では契約している車以外では
ロードサービスを受けることはできないため
借りた車ですと、自分の保険会社
にロードサービスを頼んでも断られます。

  • 子供が他人の車を借りたりする
  • 旅行先でレンタカーを借りることが多い
  • 実家の車を運転することが多い

など、自分が契約している車以外も
運転する機会が多いのでしたら
思い切ってロードサービスを外してもOKです。

電気・ハイブリッド割引は初年度登録から13ヶ月間だけ

保険会社によっては、新車割引があるとか
エコカー割引があるといった営業トークで
車の買い替えと共に保険の乗換を進めてきます。

ただ、正直言って
そうした割引はおまけ程度と考えていいです。

今回の加入例でも、プリウスでの契約ですが
電気・ハイブリッド割引は付帯されていません。

電気・ハイブリッド割引は、適用される期間が
実は限られており、初年度登録から13ヶ月以内
保険開始月までとなっています。

プリウスの初年度登録が2012年1月ですので
2012年1月に初めて加入すれば、1年後の
2013年1月はまだ電気・ハイブリッド割引は
適用されます。

ところが、2年後の2014年1月からの継続分は
初年度登録から13ヶ月を超えているため
割引対象外となってしまいます。

また割引率も1~3%程度とあまり
大きくはないので、新車時にちょっと割引が
ある程度のおまけと考えておけば良いです。

むしろ割引につられて実は保険料の
高い損保に切替えたり、満期を待たずに
保険会社を乗換えることで、等級がアップする
期間が余計に掛かるほうが損になることも。。。

保険会社の乗換は満期のタイミングがベストです。

今の保険料より平均30,035円安くなるかも!?

同じ補償内容でも、自動車保険の保険料は、保険会社によって異なります。
保険料が高いと感じている契約者さんの多くは
ディーラーとの付き合いや会社の団体保険で任せていたなど
保険会社を比較せずに契約している方がほとんど。

同じ補償で保険料を抑えるなら、保険会社を比べることが重要です。
まずは無料の自動車保険一括見積もりサービス
を利用するのがおすすめです。

sonpolist上のバナー画像から
最大20社の損保から、5分程度で見積を取れます。
見積結果は会社ごとに寄りますが

  • すぐに画面上で結果が出る会社
  • メールでお知らせしてくれる会社
  • ハガキでお知らせしてくれる会社
  • 見積もり金額以外にも詳しい情報を封筒に入れて郵送してくれる会社

と差はあるものの

今の保険契約の証券と車検証の内容がわかれば
簡単に調べられます。

保険証券が手元にない場合でも大丈夫です。

継続の見積書が届いていれば
今年と同じ条件での継続内容が書かれていますので
その内容を参考にできます。

証券を発行しないタイプで契約していて
継続の見積書も、簡単な内容しか書かれていない
という場合でも問題ありません。

証券の内容で重要なのは下の3つ

  1. ノンフリート等級
  2. 事故有係数適用期間
  3. 直前1年間での等級ダウン事故の回数

車検証で見積に必要なのは下の3つ

  1. 車の型式
  2. 初年度登録
  3. 陸運支局

これさえわかっていれば、保険料の見積を取れますよ。



保険の更新前に、まずは上の無料見積から
見積を取ってみて、今の保険会社で継続契約するか
他の保険会社に乗り換えるか決めるのがおすすめです。