自動車保険を解除になったら等級、事故の補償はどうなるの?

スポンサーリンク
解除歴

保険会社から契約を打ち切りにされることを
契約の解除と言います。

解除歴があると、13ヶ月間は
保険料の安いダイレクト型損保では
任意保険に加入できなくなります。

また、未払い保険料が発生してから
解除を受けた日までに起きた事故は
たとえ後から保険料を収めても補償されません。

自動車保険を月払いで契約していて
今月の保険料を振り込み忘れた・・・
残高不足で支払えない・・・

なんてことありませんか?

特に、注意してほしいのは
18歳~20歳の保険料が高く
月払の契約をしている人です。

自動車保険を保険料未払いで解除になるとどうなるのか

自動車保険を月払い契約すると

  • クレジットカード
  • コンビニの払込用紙
  • 口座引落

のいずれかで保険料を支払うことが一般的です。

ですが、時には、、、
引落口座にお金を入れ忘れたとか
他のカード支払いと重なった
払込用紙で支払い忘れた

などで、保険料を支払えないことも生じますよね。

保険料の未払いは翌月にまとめて請求されます

1ヶ月未払いの場合には、次の月に
支払いのできなかった月の分と合わせて
2ヶ月分の請求が掛かりますので
忘れずに支払い準備をしておきましょう。

保険料が2ヶ月分未払いなら要注意

自動車保険の保険料を2ヶ月分未払いにすると
1ヶ月目とは支払い方法が変わります。

保険会社にもよりますが
保険契約の解除予告通知という書類とともに
専用の払込用紙が送られてくるか
銀行振込を依頼される

あるいはコールセンターに電話をして、
電話口でクレジットカードでの支払い手続きが
必要となります。

うっかり引落口座にお金を入れ忘れていて
カードが使えないという場合には
別にクレジットカードを持っていれば
切り替えて支払うこともできます。

解除予告通知の書類には
「◯月◯日までに支払って下さい」
という猶予期日が記載されています。

猶予期日までに払込用紙で支払うか
電話口で支払い手続きを済ませれば
保険は効きます。

また、未払い期間中に事故を起こしたとしても
猶予期日までに支払いを済ませていれば
保険で補償されます。

いずれにしても、3ヶ月分の保険料請求を
されますので、残高には余裕を持って下さい。

3ヶ月分滞納で契約解除になると、事故も補償されなくなる

もしも猶予期日までに支払いがなければ
自動車保険の契約を解除されてしまいます。

保険の「解約」と「解除」
言葉は似ていますが、意味は全く違います。

解約:保険契約をあなたが止めること
解除:保険契約を保険会社が止めること

解除されてしまうと、未払いの
3ヶ月分の保険料をまとめて請求される
だけではありません。

保険の補償期間が、きちんと保険料を
払っていた月までに短縮されてしまいます。

未払いをしていた3ヶ月の間に
事故を起こしていたとしても、保険金が
支払われることはありません。

万が一、対人事故でも起こしていたら、
保険料3ヶ月分どころではない
何千万円もの賠償金を背負いかねません。

例えば、7月と8月が未納の場合には
9月が猶予期日となります。

7月から未納で、8月に事故発生。
9月に保険契約を解除されてしまうと

たとえ、解除後に保険料を収めても
補償期間は最後の保険料支払いを
していた6月までになり
8月の事故は補償対象外となります。

契約解除後13ヶ月間は新規契約を断られる!

保険料の高い若い人にとって何より厳しいのが
解除された月から13ヶ月間は、ネットで申込める
安い保険会社で契約させてくれなくなります。

しかも、解除をくらった本人だけではなく
一緒に住んでいる家族が契約する際も
13ヶ月間は同じく安い保険会社で契約できません。

契約者あるいは記名被保険者に
解除歴があると引受基準で弾かれてしまいます。

仕事で車を使うとか、車がないと生活できない地域なら
ただでさえ契約解除で3ヶ月分の保険料請求をされ
1年以上も安い保険会社では契約できない・・・

何より保険会社同士で情報共有をしています。
◯◯さんは、ウチで契約解除された人だよ
と判明するので、嘘の申告は辞めましょう。

保険料の未払いは、契約を切られるばかりか、
今より高い保険会社でしか契約できなくなります。

払込用紙で支払っているなら引越時は届出を!

うっかり支払いを忘れてしまう原因の1つが
振込用紙での支払いを選んでいて
引越によって払込用紙が届かない場合です。

郵便局には転居届を入れるとともに
保険会社に契約者住所が変わったことを
連絡してください。

インターネットの掲示板でも
毎年、引越で支払用紙が届いておらず
契約解除になって困ったという書込を見ます。

1人暮らしで、引越をした際には
特に気をつけましょう。

保険料未納になった原因は何?

ここまで自動車保険で一番恐ろしい
保険契約の解除について見てきました。

ところで、保険料未払いになった原因は
何でしょうか?

  1. 払込用紙での支払い忘れ
  2. クレジットカードがない
  3. 引落口座の残高不足
  4. 必要以上の保険契約で保険料が高い
  5. 保険料の高い保険会社で契約している

代表的な未払いの要因を上に並べてみました。

それぞれ対策としては・・・

払込用紙での支払い忘れの場合

自動車保険を月払いではなく年払い一括にする

保険会社での実務をしてきた者からすれば
月払いはオススメできません。

年払いよりも金利が掛かりますし
引落口座にお金を入れ忘れていると
契約解除のリスクが生じてしまうためです。

ですが、保険料の高い18~20歳の人に
30万円以上の保険料をポンと支払うのは
大変ですよね。

クレジットカードを持つ

そこで、月払いにするならクレジットカードでの
支払いをオススメします。

カードを作れないという方もいますが
今の時代、アルバイトや学生さんでも
すぐに作れるクレジットカードはあります。

オススメは年会費無料の楽天カードです↓
[btn class=”big lightning”]楽天カードを発行する[/btn] 支払いの忘れやすいコンビニ払いで
うっかり忘れてしまうのを防ぐために
この機会にクレジットカードを持ってみては
どうでしょうか?

口座残高を常に把握しておく

カード払いや口座引落にしているなら
残高不足には気をつけましょう。

スマホアプリ「マネーフォワード」や
「Zaim」といった家計簿ソフトを使って
クレジットカード、銀行口座を登録すれば
残高やカードでいくら使ったかすぐわかりますよ。

車両保険を外す

毎月の保険料支払いが厳しいと感じているなら
保険を見直してみる機会かもしれません。

親から譲ってもらった車に乗っていて
なんとなく車両保険を掛けていること
ありませんか?

初年度登録の古い車は車両保険を外すことで
保険料をグッと抑えられますよ。
車両保険で補償される金額は
事故が起きた際の時価までとなります。

おおよそですが、10年落ちの車なら
10万円ほどしか補償されません。
[kanren postid=”492″] 新車やローンがまだまだ残っている車なら
車両保険を掛けたほうがよいですが
10年以上経つ車なら、車両保険を外しても
良いと思います。

安い通販型自動車保険にする

車両保険を掛けていないけれど、自動車保険が
高くて支払いが厳しいと感じているなら
保険会社を変えてみるのも手です。

私の友人も自動車保険の一括見積りで
保険料が87,400円→41,260円に!
46,410円も安くなりました。

複数の自動車保険会社の保険料を比較できる、
「インズウェブ」では、
自動車保険会社の見積が一度に表示されます。

あなたにとって1番安い自動車保険会社が
すぐにわかりますよ。

もちろん見積りは無料です。
無料一括見積りは下のボタンからできます。

[btn class=”big lightning”]今すぐ無料見積もりをする[/btn]

それでもダメなら一旦車を手放す

18~20歳の場合、保険料が一番高く
それでいて収入は少ないですよね。

車がなくても生活できる地域や職業であれば
一旦車を手放して収入が上がった時点で
再び車に乗ってみてはいかがですか?

21歳になれば保険料は一気に下がります。

さらに1年以上保険を掛けているなら
車を手放すとともに保険を解約することで
中断証明書を発行してもらえます。

中断証明書があれば、今の保険等級を
引き継げますので、再び車を持った時に
保険料をぐっと抑えられますよ。

なお、中断証明書を発行してもらうには
車を売却や廃車、他人に譲っていることが
条件です。

未払い分の保険料も車の買い取り代金で
まとめて払ってみてはいかがでしょうか?

買取査定もネットで簡単にできますよ。

[btn class=”big lightning”]今すぐ車を査定する[/btn]