ロードサービスのレッカーは契約中の車やバイクだけ運んでくれます

スポンサーリンク
ロードサービス ロードサービス

自動車保険を契約すると、多くの損保で
自動付帯されてくるロードサービス

中にはJAFの契約と2重になるので
せっかくだからとJAFを解約して
保険会社のロードサービスのみに
される契約者さんも多いです。

しかしロードサービスで利用できる
レッカー移動については
意外と知られていない落とし穴があるんです。

無料で得られる便利なサービスの反面
もしもの時に役立たなければ意味
ありませんよね。

この記事を読んで、今のロードサービスで
十分なのか参考にしてみてください。

契約している車が故障してもレッカーで運んでもらえる

ロードサービスでレッカーを利用できる条件は

  • 契約している車やバイク
  • 事故や故障で自力走行不可

という場合になります。

契約している車両以外では、利用できません。

レンタカーを借りていて、他車運転特約で
補償できるからとレンタカーの保険に
加入しなければ、レッカー利用は
できません。

同様に、他車運転特約で他人の車を
運転している際にも、レッカー利用不可です。

また、原付の補償をクルマの保険に
特約で付帯している場合は、ロードサービスを
利用することができません。

ロードサービスはあくまでメインのクルマの
サービスになるためです。

運転していた人は誰でもいい

一方で、契約している車やバイクであれば
運転している人は誰であっても構いません。

運転者を家族限定にしているにも関わらず
他人がたまたま運転していて、故障しても
契約している車ならば、ロードサービスで
レッカーを利用可能です。

レッカーで運べるのは車両本体だけです

なお、レッカーサービスで
運んでもらえるのは、任意保険を契約中の
車やバイク本体に限られます。

運転者自身はもちろん同乗者も
一緒に運んでもらうことはできません。

これからスキーシーズンで、スキー場までの
山道を運転中に車が動かなくなってしまっても
レッカーで運んでもらえるのは車両本体だけ。

山奥や高速道路でない限り人や荷物は降ろされます

よほど山深い場所や高速道路上など
放置されたら、危険な場所でなければ
人や荷物は降ろされてしまいます。

大きな荷物を載せて運んでいたら
困りますよね。

経験者の話を聞いても

深夜の故障で最寄りの街まで
公共交通機関でたどり着けないなど
やむを得ない事情であれば

運転者本人はレッカー車に同乗したり
一緒に乗っていた人は牽引される故障者に
搭乗したまま移動してもらい

積んでいた荷物は降ろして
自宅まで公共交通機関などで
帰宅したという人が多いです。

人を運ぶのはタクシーに該当する恐れがあるから

故障車に乗っていた人が運転者だけなら、
修理工場までレッカー車に乗せて貰えることが
ありますが、あくまで業者の善意です。

また、お金を貰って人を運ぶことは
車の2種免許がなければ法律違反になります。

やむを得ない事情でなければ
故障現場から公共交通機関を利用するか
別途タクシーを呼ぶ必要があります。

荷物を運べないのは盗難リスクがあるから

せめて車に荷物を載せて運んでもらいたい

旅行などで大きな荷物を積んでいたら
そう思うのも無理はありませんが
こちらは、盗難リスクがあるためNGです。

帰宅旅費、宿泊費用のサポートが付いています

自動車保険で自動付帯されるレッカーサービスは
意外と使い方に注意が必要ではあるものの
修理工場まで無料で運んでくれるため
万が一の際には強い味方になります。

レッカーで運んでもらえるのは
あくまで、車両本体だけですが

公共交通機関で帰宅したり

トラブルが発生した時間によっては
当日、現場から自宅に帰れないため
近場のホテルに泊まる

といった予定外の出費が発生します。

ロードサービスには、宿泊費・帰宅旅費も、
限度はあるものの支払ってもらえます。

宿泊費は1名につき1万円まで
交通費は1名につき2万円まで

損保によって違いはあるものの
このような補償が含まれています。

保険会社によっては、この宿泊費や旅費は
ロードサービスに含まれない会社もあります。

三井ダイレクトの場合には
以前はロードサービスに無料で付いていましたが

商品改定後に、車両保険の特約で付帯できる
有料オプションに変わっています。

車両保険を使う事故が条件になっているので
エンジンのタイミングベルトが切れて
自力走行不能になったとしても
「事故でなければ」利用できません。

また、セゾン自動車火災やチューリッヒでは
ロードサービス特約を付けていなければ
レッカーサービスなども利用できません。

ロードサービスの事後受付はできません

ロードサービス利用時の注意点として
意外と見落とされているのは
レッカー利用は事後受付ができないこと。

自分がいつも利用している車屋さんに
頼んでレッカー移動してもらう

事故や故障現場近くの修理工場に
連絡をして、レッカーを頼んだ後

保険会社のロードサービスで無料で
運んでもらえることに気がついても
受け付けて貰えません。

故障・事故発生後、修理工場に
運んでもらうのであれば、まずは
契約している保険会社に電話で
レッカー利用を伝えてください。

修理工場を指定する場合は距離制限があります

また、いつも利用している車屋さんに
運んでもらいたいなど、修理工場を
あなたが指定してレッカー移動を依頼すると
無料で運べる距離に制限があります。

損保によって無料で運べる距離は
15km~100kmまで開きがあります。

現場から遠い場合には、よほどのことが
なければ保険会社の指定する工場に
運んでもらうほうが追加費用も
発生しませんので良いですよ。

まとめ 今のレッカーサービスは何が出来るか確認しよう

自動車保険を契約すれば
無料でセットになっているロードサービス

レッカーサービスもその1つです。

事故や故障時には頼れるサービスですが
レッカーで運べるのは車両本体のみ

帰宅旅費や宿泊費は損保によっては
含まれていないことがあります。

また、ロードサービス自体が
有料オプションになっている損保もあります。
その場合、レッカーでの牽引も全て
自己負担になります。

レッカーで運べる距離は
契約者が指定すると、無料で運べる距離に
制限があります。

契約している損保によって、無料で運べる
距離が異なっているので、今の損保の
サービスで十分なのか一度確認して見てください。

今の保険料より平均30,035円安くなるかも!?

同じ補償内容でも、自動車保険の保険料は、保険会社によって異なります。
保険料が高いと感じている契約者さんの多くは
ディーラーとの付き合いや会社の団体保険で任せていたなど
保険会社を比較せずに契約している方がほとんど。

同じ補償で保険料を抑えるなら、保険会社を比べることが重要です。
まずは無料の自動車保険一括見積もりサービス
を利用するのがおすすめです。

sonpolist上のバナー画像から
最大20社の損保から、5分程度で見積を取れます。
見積結果は会社ごとに寄りますが

  • すぐに画面上で結果が出る会社
  • メールでお知らせしてくれる会社
  • ハガキでお知らせしてくれる会社
  • 見積もり金額以外にも詳しい情報を封筒に入れて郵送してくれる会社

と差はあるものの

今の保険契約の証券と車検証の内容がわかれば
簡単に調べられます。

保険証券が手元にない場合でも大丈夫です。

継続の見積書が届いていれば
今年と同じ条件での継続内容が書かれていますので
その内容を参考にできます。

証券を発行しないタイプで契約していて
継続の見積書も、簡単な内容しか書かれていない
という場合でも問題ありません。

証券の内容で重要なのは下の3つ

  1. ノンフリート等級
  2. 事故有係数適用期間
  3. 直前1年間での等級ダウン事故の回数

車検証で見積に必要なのは下の3つ

  1. 車の型式
  2. 初年度登録
  3. 陸運支局

これさえわかっていれば、保険料の見積を取れますよ。



保険の更新前に、まずは上の無料見積から
見積を取ってみて、今の保険会社で継続契約するか
他の保険会社に乗り換えるか決めるのがおすすめです。