自動車保険

事故対応

自動車保険の過失割合は保険会社が過去の裁判例を参考に決めている

過失割合は警察によって決まるのではなく、事故の当事者同士が契約している保険会社間で決まります。ただし過去の事故事例とあなたの事故では発生場所も異なれば、どちらかに明らかに注意すべき点があったかもしれません。その場合、過去の裁判例の過失割合からあなた、もしくは事故相手の落ち度に応じて過失割合が変動します。
純新規

名義変更して自分の車になれば実質任意保険の重複にはなりません

個人間売買や友人・親族間で車を譲り、名義変更をする際には、任意保険を途中解約すると返戻金が目減りするなどの理由で名義変更後も元の所有者が任意保険を掛けたままにしておくということもあります。2重契約になりますが、結論からすれば名義変更をした時点で、前の所有者の任意保険の効力はなくなり自分で新たに掛けた保険で補償されます。
事故対応

自動車事故で被保険者が亡くなった時の保険金請求と名義変更

自動車保険の被保険者が亡くなった場合、被保険者の法定相続人の代表者が保険会社に保険金請求をします。そのうち契約者と記名被保険者が亡くなった場合は自動車保険の等級も誰が引き継ぐかによって手続き方法が変わります。この記事では契約者や記名被保険者が亡くなった場合の保険金の請求方法と名義変更の方法をまとめました。
損保各社の特徴

イーデザイン損保の特徴と契約に向いている人

保険料が安くても、契約できない車種が多い、ロードサービスが薄いなど、ぱっと見では現れない部分で保険料を抑える仕組みの損保も多いです。イーデザイン損保で契約するなら遠出をしない人や1ナンバー8ナンバーを買ったけど入れる保険会社がなくて困っている人向けになります。自分に必要な補償やサービスがついているのか記事に纏めました。
事故対応

ハロウィンで倒された軽トラは車両保険出ない?免責事由の騒じょうがポイント

ハロウィンでごった返した渋谷で軽トラックが横倒しにされた事件がありました。群衆によって車を倒されたり、傷をつけられたら保険金が支払われると思いますよね。実は、車の持ち主が車両保険を掛けていても保険金を受け取れないかもしれないのです。その理由が保険の免責事由にある騒擾というものです。
契約できない

自動車保険を契約できない代表例

自動車保険は、①「車検証」②「オドメーター」③「記名被保険者の免許証」④他社加入中の人は「他社の証券」この4つがあれば、特別な審査もなく、早ければ翌日には補償開始となります。顔の見えないダイレクト型損保では代理店型損保よりも契約可否は厳しく、代理店型では契約できてもダイレクト型損保では断られることも意外と多いです。納車したのに保険加入できなくて ディーラーからの帰り道は無保険になるなんて困りますよね。自動車保険に契約できない理由は契約したい車に問題があるか、契約者自体に問題があるかのどちらかです。代表例を紹介します。
保険料の決まり方

自動車保険の保険料の決まり方

自動車保険の保険料は、保険を使わなければ毎年下がると思っていたのに、逆に保険料が上がっていたという経験ありませんか?契約者さんの認識としては「自動車保険=毎年保険料が下がる 」というものですが、多くの損保で採用しているリスク細分型自動車保険では「等級」だけでなく「記名被保険者の年齢」「免許証の色」「ナンバープレートの地域や」「型式別料率クラス」など事故の可能性につながる要素に基づいて保険料に反映しています。保険料の決まり方を知っておくとある程度は仕方ない保険料のUPなのか単純に値上げなのか見分けられますよ。
保険の見直し

自動車保険は保険会社の見直しで保険料を節約するのも1つの方法

自動車保険の見直しは、①「今の保険会社で補償内容を見直す」②「保険会社そのものを切り替える」大きく分ければこの2つです。中には保険料を少しでも抑えるために、毎年保険会社を切り替え、一昔前の携帯電話の新規契約と同じように、新規契約の割引金額の高さを毎年得ている人もいます。保険会社の切り替えは大変ですが、契約更新でどうしても保険料が安くならないなら他社に切り替えるのも手ですね。一方で、契約途中での保険の見直しも取り組んでおいたほうがいいでしょう。あまり意味のない保険や特約は思い切って外してしまってよいです。
損保の選び方

自動車保険の損害保険会社の選び方

自動車保険を乗り換えるキッカケは、「保険料が高くて満期後は他社にしたい」「テレビCMで見て気になった」という人が多いのではないでしょうか?自動車保険の保険会社は、代理店型・ダイレクト型をあわせると数えきれないほど国内にはあります。その中から自分にあった保険会社を選ぶのは意外と大変です。そこで自分にあった損保の選び方・探し方を纏めてみましたので参考にしてみてください。
保険の種類

自動車保険の種類

自動車の任意保険は大きく分けると、「賠償保険」「傷害保険」「車両保険」「その他特約」この4種類の組み合わせで構成されています。ほとんどの任意保険では賠償保険は加入が必須ですが 傷害保険、車両保険、その他の特約は他の家族の自動車保険だけでなく、医療保険や生命保険などと重複することもあります。契約する車の年式や値段によっては、補償金額に対して割高な保険料になるため契約者自身で掛けるか外すか選べます。補償内容を見直せば、無駄な出費を抑えられますよ。