最大積載量

契約できない

自動車保険を契約できない代表例

自動車保険は、①「車検証」②「オドメーター」③「記名被保険者の免許証」④他社加入中の人は「他社の証券」この4つがあれば、特別な審査もなく、早ければ翌日には補償開始となります。顔の見えないダイレクト型損保では代理店型損保よりも契約可否は厳しく、代理店型では契約できてもダイレクト型損保では断られることも意外と多いです。納車したのに保険加入できなくて ディーラーからの帰り道は無保険になるなんて困りますよね。自動車保険に契約できない理由は契約したい車に問題があるか、契約者自体に問題があるかのどちらかです。代表例を紹介します。
1ナンバー

ハイラックスなど1ナンバー車の保険契約の注意点

ランドクルーザーやハイラックスなどは大型になると、1ナンバーの車になるため車検が毎年必要、高速道路の料金が高いというだけでなく、自動車保険自体でも1ナンバーの車では引受制限があるので購入には注意が必要です。ハイラックスやランクルなどで1ナンバー車になる際の保険契約のポイントを纏めました。