名義変更

純新規

名義変更して自分の車になれば実質任意保険の重複にはなりません

個人間売買や友人・親族間で車を譲り、名義変更をする際には、任意保険を途中解約すると返戻金が目減りするなどの理由で名義変更後も元の所有者が任意保険を掛けたままにしておくということもあります。2重契約になりますが、結論からすれば名義変更をした時点で、前の所有者の任意保険の効力はなくなり自分で新たに掛けた保険で補償されます。
記名被保険者

自動車保険のノンフリート等級は配偶者間なら別居でも引継可能です

結婚を機に家を出るという人が、実家の車を譲ってもらうという際は同居中に記名被保険者の変更手続きを 行えば、高い等級を引き継げます。記名被保険者は、契約している車を主に運転する人で、保険会社は記名被保険者の事故リスクを考えて保険料を算出しています。そのため、記名被保険者が変わると事故リスクが変わることになります。
事故対応

自動車事故で被保険者が亡くなった時の保険金請求と名義変更

自動車保険の被保険者が亡くなった場合、被保険者の法定相続人の代表者が保険会社に保険金請求をします。そのうち契約者と記名被保険者が亡くなった場合は自動車保険の等級も誰が引き継ぐかによって手続き方法が変わります。この記事では契約者や記名被保険者が亡くなった場合の保険金の請求方法と名義変更の方法をまとめました。